会議・委員会・講演会・裁判法廷用などのテープ反訳、会議録作成承ります。音声をテキスト化して、冊子製本やメディアなどご希望のスタイルで納品します。

よくあるご質問(FAQ)

■会議録作成・テープ起こしについて
テープ起こしを依頼する場合、何を用意すればいいですか?
納品スタイルはどのようになっていますか?
裁判提出用に対応は可能ですか?
会議録内のデータ(文章、図など)を別の資料用に転用したいけど可能ですか?
外国語の反訳は可能ですか?

■納期について
テープ起こしの納期はどれくらいかかりますか?
急ぎの対応はできますか?

■料金について
料金はどれくらいかかるのですか?
テープが数本ある場合の料金計算はどうなりますか?

■録音記録メディアについて
どのようなメディアに対応していますか?
音声ファイルはどのようにして送ればよいのですか?
カセットテープはダビングしたものを送ればよいのですか?

■用語について
「反訳」とはどういう意味ですか?
「素起こし」とは何ですか?
「ケバ取り」とは何ですか?
「整文」とは何ですか?
「要約(サマリー)」とは何ですか?

■その他
速記はできますか?
大量の会議録から資料を探したいけど、簡単に短時間で資料を探すことは可能ですか?
営業時間は?

■会議録作成・テープ起こしについて

Q:テープ起こしを依頼する場合、何を用意すればいいですか?
A:録音記録メディア、会議に関する資料等必要です。
  詳しくはご入稿についてをご参照ください。

Q:納品スタイルはどのようになっていますか?
A: 出力紙、冊子製本(製本の種類はご指定いただけます)、各種デジタルメディア(FD、CD、DVD、MOなど)、メール添付など御希望によりお選びいただけます。 納品スタイルについての詳細は、自治体様企業様・個人様をご参照ください。


Q:裁判提出用に対応は可能ですか?
A:はい、可能です。お気軽にお問い合わせください。
  詳しくは裁判提出用テープ反訳についてをご参照ください。


Q:会議録内のデータ(文章、図など)を別の資料用に転用したいけど可能ですか?
A:はい、可能です。別の資料への転用も考えたデータを作成いたします。
  お気軽にお問い合わせください。

Q:外国語の反訳は可能ですか?
A:誠に申し訳ございませんが、日本語のみの対応となっております

■納期について

Q:テープ起こしの納期はどれくらいかかりますか?
A:テープ等の録音状態・弊社の作業状況等で異なりますが
  たとえば2時間の録音テープの納期は約7日~14日頂いております。
  お急ぎの場合はご相談ください。

Q:急ぎの対応はできますか?
A:はい、可能です。(2時間テープで最短中2日で対応いたします。)
  お急ぎの場合はご相談ください。

■料金について

Q:料金はどれくらいかかるのですか?
A:(基本的に1時間 18,000円~となっておりますが、状況により異なります。)
  詳しくは参考料金についてをご参照ください。
  また自治体の方は別途お問い合わせください。

Q:テープが数本ある場合の料金計算はどうなりますか?
A: テープの録音時間は、数本あっても録音時間の総トータル時間の料金になります。(例えば、60分、80分、30分のテープがあった場合、170分として算出いたします。空白の時間はカウントしません。)ただし日をまたがる音声の場合はこの限りではございませんのでご了承ください。

■録音記録メディアについて

Q:どのようなメディアに対応していますか?
A: カセットテープ、DAT、MD、ICレコーダー、音声ファイル、ビデオ、MO、CD、DVD、各種PCカードなどあらゆるメディアに対応しています。
詳しくは対応可能メディアについてをご覧ください。


Q:音声ファイルはどのようにして送ればよいのですか?
A: MO、CD-R、USBメモリなどのメディアにデータを入れて送付していただくか、インターネット経由で音声データをお送りください。容量の都合上、メールで送ることができない場合はFTP入稿などをご利用ください。
詳しくはデータの入稿方法をご覧ください。


Q:カセットテープはダビングしたものを送ればよいのですか?
A: バックアップ用にダビングした上で、できればマスターテープの方をお送りください。お客様の方でダビングが難しいようでしたら、弊社にて1本2,500円にてダビング作業も承ります。


■用語について

Q:「反訳」とはどういう意味ですか?
A:録音テープなどの音声データを文字に起こすことを指します。「テープ起こし」も同じ意味です。

Q:「素起こし」とは何ですか?
A: 録音テープや音声ファイルに録音されている内容をそのまま文字に書き起こすことです。
「えー」「その~」などの無駄な語(ケバ)も忠実に再現します。 裁判用(法廷提出用)やカウンセリングの記録など、一語一語の発言が重要な場合に用いられます。


Q:「ケバ取り」とは何ですか?
A:「えー」「その~」など、会話の中での無駄な語(ケバ)を取り除くことを指します。
  吃音など話者の癖である部分についても修正を加えます。
  インタビュー、座談会、会議など編集前の下地として利用されます。

Q:「整文」とは何ですか?
A: ケバ取りの後、話し言葉を書き言葉に直し、重複した言い回し、表現のダブり。助詞の補完・修正、読みにくい語順の入れ替えなど、整理して意味が通りやすい文章に直すことを指します。


Q:「要約(サマリー)」とは何ですか?
A:整文の後、指定文字数に要約、小見出しづけ、段落分け、箇条書きなどの処理を施すことです。

■その他

Q:速記はできますか?
A:誠に申し訳ございませんが、速記の派遣は行っておりません。
  弊社では音声反訳のみ行っております。
  お客さまで録音していただき、メディアを御入稿いただいております。
  録音のメリットは、速記士でなくてもできるのでコストが安価になること、
  速記文字を使用しないので誰でも文字化・校正できることです。

Q:大量の会議録から資料を探したいけど、簡単に短時間で資料を探すことは可能ですか?
A:はい、可能です。パソコンを利用した検索機能を持たせることができます。
  詳しくは会議録検索システムについてご覧ください。

Q:営業時間は?
A: 電話での受付時間はAM9:00~PM5:00です。
FAX、メールでのお問い合わせは24時間受け付けておりますが翌営業日のお返事になりますので御了承下さい。