本づくりの流れ おさえておきたいポイント
   本が出来上がるまでのシステム紹介 > ご相談のポイント > データ入稿形態 > 挿絵やイラストについて
本づくりの知識 つくりたい本の仕様を決める
   本のジャンル > 本のサイズ > 専門用語 > オンデマンド印刷とオフセット印刷 > 製本について > 用紙について

本づくりの知識 つくりたい本の仕様を決める

本のジャンル
冊子、小冊子、自分史、小説、句集、歌集、文集、詩集、参考書、
マニュアル本、エッセイ集、記念誌、旅行記、育児書、論文集、学術書、
研究書、闘病記、記念誌、文芸同人誌、紀要、報告書、機関紙、絵本、
画集、写真集、説明書、ブログ本、説明書、台本、名簿など
色々なジャンルが可能です。
 

本のサイズ

  本のサイズ            寸法
A4判 210o×297o
B5判 182o×257o
A5判 148o×210o
B6判 128o×182o
四六判 127o×188o
文庫判 105o×148o
 


専門用語

見返し 表紙の裏側に貼られる紙のことで、表紙の強化にもなり高級感も出ます。
見返しを付けることで、本に厚みが出るという効果もあります。
文章以外の場所の、左右上部や左右下部などに小さな字で入れる、見出しやタイトルなどです。
PP加工 ポリプロピレンフィルムと紙を熱圧着する加工です。光沢が出て傷が付きにくくなります。クリアPPは光沢がある仕上がりとなります。
上製本 ハードカバーとも呼ばれています。表紙が3oほどの厚みのあるボール紙を使います。丸背と角背があり本の厚みが10oを超えると丸背が選択できます。(丸背が角背より割高)
並製本 ソフトカバーとも呼ばれています。ペーパーバックも並製本です。市販の本はこの製本方式が主流です。
版下入稿 ワード・一太郎などのワープロソフトで文字入力、ページレイアウトしたものを、プリンター出力したもの(出力原稿)を入稿する場合が版下入稿です。
データ入稿 プリントアウトした原稿ではなく、ワードデータ・一太郎データなどのデータそのものを入稿する場合がデータ入稿です。
ノンブル ページ番号のことです。


 

オンデマンド印刷とオフセット印刷

冊子を印刷する場合、オンデマンド印刷かオフセット印刷のどちらかで行います。
小部数の冊子を印刷する場合は、料金や納期の面などからオンデマンド印刷をお勧めします
特に写真などカラー頁が混在する場合、オンデマンド印刷の方がかなり割安です。

小部数なら断然、オンデマンド印刷がおススメです!!

オンデマンド印刷 版下データからアルミ版を介さず、ダイレクトに印刷を行う。
オフセット並の高品質印刷が出来る。 小部数印刷の場合は、オフセット印刷よりかなり低コストが可能となる。
オフセット印刷 版下データをアルミ版に焼きつけ、それを印刷機にセットして印刷を行う。 カラー、モノクロを問わず高品質な仕上がりになり、部数が多くなるほど単価は下がる。
 

製本について

冊子の製本には大まかに、下記のような製本形態がありますが、「とりあえず本を作ってみたい」という
初心者の方にはソフトカバー(並製本)をお勧めします。また、会社のパンフレットやアルバム等を作られたいお客様には中綴じ製本もお勧めです。

ハードカバー
(上製本)
上製本は表紙の芯にボール紙を使い布や紙などでくるんで仕上げるため、頑丈で豪華な装幀です。サイズは中身(本文)よりも少し大きめになります。また、上製本には丸背と角背があり、丸背は頁数の多いもの、角背は頁数の少ないものに向いています。
ソフトカバー
(並製本)
並製本(くるみ製本ともいう)は、厚手の紙を表紙にして製本したもので、その上に多色刷りの表紙カバーをつけることも出来ます。サイズは中身と同寸の仕上がりです。
中綴じ製本 中綴じ製本は、本を開いた状態の中央部分に沿って針金(ステッチ)で留める製本方式のことです。雑誌やパンフレット等によく利用されます。

 



製本について

作りたい本の内容によって(例えば写真が沢山入る場合は光沢があるもの、文章のみの場合は書籍用紙や上質紙など)使用する用紙、向いている用紙が違います。用紙については印刷業者と相談されてきめられる事をお勧めします。

書籍用紙 若干クリームの色味がある用紙 一般書籍向け
上 質 紙 光沢のない白色の用紙 並製本の論文、研究書向け
コート紙 光沢があるカラー頁に最適の用紙 写真集、記念誌、絵本向け

お見積もりページへ 写真集 自分史 絵本・童話
<<トップページへ