本づくりの流れ おさえておきたいポイント
   本が出来上がるまでのシステム紹介 > ご相談のポイント > データ入稿形態 > 挿絵やイラストについて
本づくりの知識 つくりたい本の仕様を決める
   本のジャンル > 本のサイズ > 専門用語 > オンデマンド印刷とオフセット印刷 > 製本について > 用紙について

本づくりの流れ おさえておきたいポイント      

本が出来上がるまでのシステム紹介

まずはお電話かメールにてご相談をお受けいたします。

ご相談 ここで簡単なお見積もりをさせていただきます。
原稿お預かり
ワープロやパソコンで作ったデータ、手書き文字原稿やイラスト原稿などをお預かりさせていただきます。
 
正式お見積もり
お預かりした原稿や内容をもとに大まかなスケジュールやお値段などをお伝えします。
 
発 注
制作・デザインなどの作業にかかります。
 
校正・修正など
実際に形にしたものから誤字脱字、ページ、絵などの位置をご確認いただきます。
 
印刷・製本 印刷したものを製本して仕上げます。
 
完成・お届け
お客さまのもとへお届け致します。代金お支払いについて
 
アフターフォロー
●データ保存サービス
刷り増しの可能性のあるお客様は当社にてデータを保管し、刷り増し時には早急に対処していきます。
 
 

ご相談のポイント

誰に読んでもらいたいのか
  今から作る本は、どなたに読んでいただきたいのでしょうか。
読んでいただきたい方々が分かれば、部数や出来上がりのイメージ等がある程度判断できます。
本の仕上がりイメージは?
  本の仕上りイメージはどのようにしたいですか。そのイメージをご相談下さい。
内容と合ったご提案と価格の目安もお話できます。
ご予算はいくらぐらいをお考えですか?
  ・予算はある程度決めているけれども、どんな仕上がりにするかは決めていない。
・こんなイメージの本を作りたいけど、この予算で何冊くらいつくれるのか?

等、ある程度ご自身が考えられている予算がありましたら、最初にご相談下さい。
ご予算と、部数や仕上がりイメージのお見積価格があわない場合でも、制作方法を変えたりして、
予算内でつくれる本のご提案をいたします。
いつ頃までにつくりたいですか?
  本の完成が、本を作る目的の日までに間に合わないと大変です。
最初に希望納品日をお知らせ下さい。
その他
  なんでも疑問に思った事はメール又はお電話にてお気軽にご相談下さい。
 

データ入稿形態

完全データ入稿、完全版下持込
お客様の持込みのデータをそのまま出力、または持込みの紙版下をそのまま印刷します。
データ入稿 + 要編集 (テキストデータ、写真、イラスト etc持込)
持込みのデータをもとに、文字数、行数、写真挿入などの体裁を整えていきます。
手書き原稿持込 + データ新規作成
お客様が手書きした原稿を元に一から入力、体裁を整えていきます。
 

挿絵やイラストについて
本文にカットやイラストを入れたいけど、絵を描くことが苦手で悩まれていらっしゃる方がいると思います。そんな方は
無料ソフトからダウンロードして使用する。
  ワード等オフィス系のソフトはOffice Onlineから画像のダウンロードができるものがあります。カテゴリー検索で使用したい画像を検索してご使用下さい。
又、インターネットには、無料で色々なカットやイラストなどダウンロードできるサイトがありますが、「無料」とかかれていても、著作権について規定があったり制約があったりする場合があります。使用される場合は必ず使用上の注意をご覧になって下さい。折角出来上がった冊子も、著作権の問題などが発生すると、作り直ししなければならない場合もあります。
業者で制作してもらう
  ご依頼があれば、弊社でイラストを用意したり書き起こしたり致します。
書き起こしする場合は、別途料金がかかりますので、まずはご相談下さい。書き起こしを依頼される場合は、イメージされるイラストの見本になるものなどがあれば、制作がスムーズに行えるので、ご準備下さい。

お見積もりページへ 写真集 自分史 絵本・童話
<<トップページへ